費用負担が軽い挙式披露宴|スタッフとじっくり話し合って選ぶ結婚式場の魅力

スタッフとじっくり話し合って選ぶ結婚式場の魅力

男女

費用負担が軽い挙式披露宴

婦人

北海道でのスタンダード

挙式並びに披露宴、いわゆる結婚式を行うことを検討しているものの、招待する人数によっては、数百万円の準備資金や数十万円の自己負担が必要になることが珍しくはないため、費用的な面で計画が難航してしまうケースは少なくありません。そういったシーンで活用したいのが、会費制結婚式です。会費制結婚式とは、主に北海道で行われている結婚式の行い方であり、ゲストからご祝儀を受け取るかわりに、会費を受け取って開催する結婚式になっています。準備資金や最終的な自己負担を大幅に緩和することができるのはもちろんのこと、招待されるゲストの負担も少なく済むのが一般的であるため、結婚式を行うカップルが減少傾向にある中、北海道のスタンダードから、全国的にスタンダードになる可能性を多いに秘めているのが、会費制結婚式でもあります。

費用負担が軽い

会費制結婚式のメリットとしては、より個性やアットホームな雰囲気を出しやすい点、また招待する側、招待される側双方の費用負担が軽くなる点を挙げることができます。一般的な挙式披露宴を行う場合と比較して、半額近くで開催することができるケースが多く、また招待されるゲストにおいても、決められた金額の会費を払うだけで済むため、マナーや暗黙の了解で決められている「ご祝儀」を払うよりも、その負担は大幅に軽くなるのです。たとえば友人に包むご祝儀の場合、三万円が相場であるとされていますが、会費制結婚式の相場は一万円から一万五千円ほどになっています。暗黙の了解に悩まされる事もなくなり、さらに実質的な負担も軽くなるため、より気軽に参加しやすくなるのです。

Copyright © 2016 スタッフとじっくり話し合って選ぶ結婚式場の魅力 All Rights Reserved.